増毛と植毛の違いを知って正しい薄毛治療を受けよう

読まれているコンテンツ

薄毛の人

最新の植毛治療

薄毛を解決するためには薄毛になってしまう真の原因を突き止めることがとても重要です。
よって、最近では薄毛に悩むたくさんの方がいろいろなコンテンツから薄毛に対して効果の高い治療法を調べているのです。
今、薄毛を治療するための方法は育毛剤や増毛、発毛等いろいろありますが、ここでは親和クリニックが実施しているNC-MIRAI法のような高密度自毛植毛等についても詳しく紹介しますので、薄毛を本気で治したい方は是非参考にしてみてください。

READ MORE

薄毛対策を始める前に確認しておきたい3つのこと

増毛のメリットとデメリット

薄毛対策の1つに増毛という選択肢があります。
増毛は毛穴に人工の髪を埋め込んだり、今生えている髪に2から3本の人工髪を束ねたりすることにより髪の本数を増やしてボリューム感をアップさせる方法です。
自毛を増やすことはできませんが、人工的に髪を簡単に増やすことができますので手術をせずに髪を増やしたいような方におすすめの方法です。
ただ、増毛はある程度自毛がないとそもそも実施できないという点と、自毛そのものに負担をかけてしまうデメリットもあるので注意が必要です。

植毛のメリットとデメリット

植毛とは後頭部などの比較的髪が残っている箇所から薄毛の箇所に毛根を移植することで頭全体の髪のバランスを整える方法です。
毛根そのものを移植しているため、そこから生える毛は自毛であり薄毛を自然な感じで解決することができるところが大きなメリットです。
ただし、毛根そのものを移植するため元気な毛根が頭皮のどこかには残っていないと実施できないほか、毛根を採取した箇所は少なからず頭皮を傷つけることになるため、信頼できる医院で治療する必要があります。

育毛のメリットとデメリット

育毛とは今生えている髪に意図的に栄養を与え、髪を太く元気にすることで髪のボリューム感をアップさせるための薄毛対策です。
この対策については増毛と同様、自毛がある程度残っていないと実施できませんが、手軽に簡単に行えることがメリットです。
しかし、AGAの場合などには直接的な効果を出せない場合もあり、いろいろな育毛剤に費用をかけてしまう前に現在の症状が育毛剤で治癒できるものかどうか確認した上で実施したほうがよいでしょう。また、育毛剤を使用するのに抵抗がある方は、一度大阪のクリニックへ相談しに行くとよいです。

原因によって変わる薄毛の改善方法

薄毛となってしまうそもそもの原因にはいろいろありますが、代表的なものとしてストレスがあげられます。ストレスを過度にためてしまうと血行不良を引き起こし、毛根に対しての栄養の流れが悪くなることにより薄毛を引き起こしてしまうのです。
また、食生活の乱れも薄毛に大きく関係します。外食が多かったり脂っこいものばかりを食べたりしていると血液の中の脂肪分が増えて血管が詰まりやすくなり、これも薄毛の原因となってしまうのです。他にも睡眠不足や男性ホルモンなど原因にはいろいろあり、増毛や植毛等の対策を行う際にはこれらの原因を解決しながらすすめることが重要です。

[PR]

大阪で植毛の申し込み
基礎知識を調べておく 増毛・植毛に関する知識をいくつも掲載☆
薄毛の悩みを解消したいなら必見!

薄毛の解決策

頭を抱える人

専門クリニックで行われている治療に注目

親和クリニックはNC-MIRAI法により、高密度自毛植毛を専門的に実施しています。
NC-MIRAI法はメスを使わずに実施するため、切らずに腫れることのない植毛を実施することができるのです。
この治療は1日で終わるため日帰りで完了することができるほか、以降の通院も必要ないため遠方の方でも安心です。
MIRAI法では、後頭部の髪の毛を丁寧に選別して植毛することで高い定着率を実現しているほか、移植ホールは超極細の0.63mmであり手術後の痛みや感染症などのリスクを最大限に下げるよう努められています。
他にも、女性の方の場合は周囲に気づかれることのないように少しづつ髪を増やしていきたいと願う方も多いので、1回の手術で全て行うのでなく何回か分けて実施することにも対応してくれます。

通販でも買える!人気の薄毛治療薬をチェック

薄毛を治療するための治療薬は病院で処方してもらうことができますが、薬局等で市販の薬を購入したり通販で購入したりすることもできます。
それぞれの購入方法にはメリット、デメリットがあるので、よく理解した上でどのような手段で薬を入手するか決めるほうがよいでしょう。
まず病院で診察してもらった上で処方してもらう場合は、薄毛の原因を正しく把握した上で処方してもらえるため効果も出やすいです。しかし、通販でもフィンペシアのように薄毛に対する効果が認められている内服タイプの治療薬もあるので、コストを抑えたい場合はこのような薬を通販で購入するのも1つの方法です。フィンペシアはプロペシアと同様にフィナステリドが配合されているジェネリック医薬品であり、フィンペシアとしては臨床試験を行っていませんがプロペシアでクリアしているため安心できる治療薬です。

[PR]

広告募集中